脅迫的で暴力的な言動で債務者を精神的に追い詰めて返済を迫り、返済できない場合は、別の業者に借入させて返済に充てさせるという構図があります。

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

MENU

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

闇金融とは、本来は貸金業法に基づき国や地方自治体に登録が必要であるにもかかわらず
無許可で貸金業を営むことであり、違法な貸金業です。

⇒闇金の違法性について

 

 

また闇金融の問題点は、ただ単に違法に操業しているわけではなく、
年利20%という出資法の制限を超えたきわめて高額な利息を請求することが特徴です。

 

 

借金

トイチやトニという利息のあり方がありますが、闇金の場合は、年利数百%から高ければ数千%もの暴利を設定します。

 

 

ダイレクトメールやチラシ、アダルト雑誌などに広告を掲載して客を引き寄せます。

 

 

こういった闇金に手を出してしまう人というのは、銀行や他の消費者金融からお金を借りられない多重債務者だったり、自己破産者だったりします。

 

 

お金を借りられず最後に頼る場所として闇金に辿り着いてしまうのです。

 

 

したがって闇金業者は自己破産者情報が掲載される官報の情報なども顧客を抽出するためのツールに選定します。

 

 

闇金に手を出す人の特徴としては、パチンコやギャンブル、風俗などの遊行費を捻出するためだったり、生活が苦しく日々の生活費に充当するなどがあります。

 

また不況下の銀行の貸し渋りや貸しはがしなどの影響から、
中小企業や零細企業の経営者なども資金繰りに困って闇金に手を出してしまうこともあるようです。

 

 

この場合は、従業員の給料や取引先への支払いなどのお金を工面しなければならないという事情もあるようです。

⇒なぜ闇金から借りるのか?

 

また闇金の特徴として問題視されています。

 

 

もっとも多いのは電話による取り立てで脅迫的で暴力的な言動で債務者を精神的に追い詰め、返済を迫ります。

返済できない場合は、別の業者にさらに借入させて返済に充てさせるという構図もあるのです。

 

 

さらに悪質なのは、家族や近親者、勤めている会社や職場などにも取り立ての電話や嫌がらせの電話をかけることです。

このように自分に関係のある人間にまで被害が広がると人間関係の悪化にもつながります。

 

 

闇金

中には職場を辞めざるをえなくなる事態も少なくないようです。

このように闇金からお金を借りてしまうと、金銭的にも精神的、肉体的にも大きなダメージを負うことになります。

 

 

これだけ多くの人が痛い目にあいながら闇金がなくならないのは、闇金に対する需要があるからといわざるをえないのかもしれません。
多くの人は闇金のこわさを知っています。

 

だれもが闇金からお金を借りたいと思っていないでしょう。

 

 

しかし人は追い詰められると藁にもすがりたくなるものです。
誰も貸してくれない、どこからも借りられない、
そういう状況に陥ったとき人は闇金に手をだしてしまうのかもしれません。

 

闇金に手を出してしまった、督促が凄くて困っているという方は、いち早く闇金相談のプロに相談することをおすすめします。

 

 

闇金業者が狙うのは、そういった人々や自己破産者など社会的な弱者です。

また闇金の違法性と悪質さを糾弾するとともに、借り入れる側の責任も今一度考えなおす必要があります。

 

 

ギャンブル

ギャンブルや遊行費、生活費のための借金はそもそもしてはならない借金です。

 

 

そして事業者として事業資金を工面するために闇金に手を出してしまうことも一見は同情すべきことのように思えます。

 

 

しかしその事業は本当に成功するような事業計画だったのか、
借入れたところで返済することが現実的なものだったのかをもう一度考えなければなりません。

 

 

少なくとも経営者として会社を火の車にしてしまった結果というものは受け止めなければなりません。
従業員の給料や人生を考えなければならないのは経営者としては立派なことです。

 

 

しかしそれも早い段階で別の答えを出さなければならないことなのではないでしょうか。

 

 

そういう見通しの無さや経営者としての才覚の欠如、
個人の借金でいえばお酒やタバコ、ギャンブル、風俗に浪費してしまうなど、
そういった人間としての弱さが闇金業者に存在する隙を与えているのです。

 

 

闇金とは何か?
それはもしかしたら闇金業者ではなく、自分自身の中にある答えなのかもしれません。