クレジットカード会社の規約に基づくと、クレジットカード現金化は違反行為になります。

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

MENU

クレジットカード現金化

「クレジット現金化」とは違法ではありませんが、クレジットカード会社の規約に反するものです。

 

万一、クレジット現金化を行った事がクレジットカード会社側で判明すると、会員規約違反として「カード料金の残金の一括請求」、や「カードの利用停止」や「カードの強制退会」などを課せられる可能性があります。

 

クレジット現金化とは、そもそもどういった事を指すのでしょうか?

クレジットカードの機能には、

  • 消費者がサービスを購入してその金額をまとめて後日支払う「ショッピング機能」
  • ATMを利用してお金を借り入れる「キャッシング機能」

があり、それぞれの機能に対して利用できる上限金額が決まっています。

 

クレジット現金化とは、「クレジットカードのショッピング機能」を利用して買い物をし、その買い物した商品を換金して現金化することを言います。

 

クレジットカード

近年、インターネットや雑誌などで、こういった「クレジットカード現金化」を勧めるサイトや広告が増えてきています。これらには「安心・安全」をうたっています。

 

しかし、換金したものは何割引かで買い取られます。
悪徳な業者であれば、事前に聞いていた金額よりかなり少ない金額しか受け取る事が出来なかったり、全くお金を受け取る事が出来ない場合もあります。
また、クレジット現金化で購入した金額を支払うのは、クレジットカードを利用した自分自身です。

 

要するに、受け取った金額よりも多い金額を支払わなければならないのです。

 

金利にして計算すると、普通に借り入れを行うよりも多い金利を支払わなければならない可能性が大きいです。
また、借金を整理する「債務整理」も、クレジット現金化を行っていた事が判明してしまうと、「悪質な利用」と判断され、自己破産など裁判所が絡む債務整理が行えない場合があります。

 

また、クレジットカード現金化を行うときに、その業者にカード番号や個人情報が読み取られ、それが悪用されてしまう可能性や、なんらかの犯罪やトラブルに巻き込まれる危険性があります。