闇金がなくならない最大の理由は、いつの時代でも”闇金への需要”があるからと言えます。

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

MENU

闇金はどうしてなくならない?

お金に困った人が最終的にたどり着くのは「借金」という手段ですが、一般的な消費者金融や銀行で借りるのであればそれほど苦もなくお金を返済することが出来ます。

 

しかし、中には法外な金利を要求して消費者を苦しめる「闇金」と呼ばれる金融業者も少なからず存在しています。

 

以前は法外な金利でお金を貸したり違法な取立てを行う闇金業者が非常に多く居ましたが、時代の移り変わりと共に賃金業法が改正されていき、悪質な闇金業者への取り締まりも強化されつつあります。

 

しかし、いくら賃金業法が改正されて取り締まりが強化されても闇金業者の存在を完全に駆逐する事はできていないのが現状となっています。
通常であれば闇金への摘発が強化されたり刑罰が重くなれば、闇金業者は撤退したり廃業していくようにも思えますが、時代が変わっても何故か闇金業者の数はそれほど減少しては居ないのです。

 

法外な金利でお金を貸し付ける闇金がなくならない最大の理由は、
いつの時代でも「闇金への需要」があるからです。

 

闇金業者の存在が完全に駆逐されないのは何も警察が摘発を怠けているからではなく、闇金側が「摘発を免れる為に廃業と新規立ち上げを繰り返している点」が最大の理由だと言えます。

 

 

いつの時代でも個人的な事情でまともな金融業者からの借り入れができず、闇金業者からお金を借りるしかない立場の人たちが居ます。
そうした人たちからの需要がある限りは供給側である闇金業者の存在が消えてなくなる事は無いのです。

 

また、そのほかにも闇金業者が居なくならない理由として「簡単に開業できてしまう」という点が挙げられます。
たとえば通常の賃金業を営む場合は審査や登録が必要ですが、それらがなくともある程度の資金があれば無登録でも開業できてしまうのです。

 

また、人にお金を貸すのに特別な設備や技術は不要なので、誰にでも簡単に開業できてしまうという特徴があります。
そのため、闇金業者は簡単に開業と廃業を繰り返す事が出来てしまい、さらにお金を貸して欲しいという人が居る限りは闇金が滅びるという事は無いのです。