闇金の利用者が減らないのは、闇金に関する知識が乏しい人が多く、所定の審査を受けずにお金を借りられるからです。

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

MENU

利用者が減らないのはなぜ?

いつの時代でも「金銭トラブル」というものは発生しますが、中でも特に多いトラブルのひとつに「闇金業者とのトラブル」が挙げられます。

 

闇金がなくならない最大の理由は「闇金を利用する人が途絶えないから」だと言えます。

 

しかし、現在の日本では闇金という言葉を聞くとほとんどの人が悪いイメージを抱くほど負のイメージが定着しています。それにも関わらず闇金を利用する人が減らないのは、「消費者金融と闇金の違いについて理解していない人が多いため」だと考えられます。

闇金と消費者金融の違い

 

まず、消費者金融を利用する場合は金融機関が実施する「所定の審査」を受ける必要があります。
この審査によって借り入れる側が適正かどうかを判断し、消費者金融側が不適切だと判断した人にはお金の貸付が行われずに終了します。また、もし審査に通過してお金を借り入れることが出来た場合、借主は最大で元本の20%の金利を消費者金融側に支払う必要があります。

 

一方で闇金業者を利用した場合、消費者金融のように面倒な審査を受ける必要はなく、事前の借り入れ利息に関する説明なども一切受けることなく現金を借りることが出来ます。また、クレジットカードの支払いを滞納したり借金を踏み倒すなど、「社会的信用が失墜した人」でも闇金を利用すればお金を借り入れることは容易に可能です。

 

しかし、闇金で手軽にお金を借り入れた見返りとして「恐ろしい金利」を支払う羽目になってしまう可能性があるという事だけは覚えておく必要があります。

 

先に述べたように一般的な消費者金融だと借入金の20%を限度として支払うべき金利が発生しますが、闇金だと「10日で10%」という法外な金利を要求される場合が大半です。

 

しかし、それでも闇金の利用者が減らない最大の理由は「闇金に関する知識が乏しい人」が多く、大手会社の名前に似せた闇金業者に安心して審査も受けずにお金を借り入れる人が多数存在するからです。

 

つまり、闇金を利用する人を減らす為には闇金が活動できない法整備を早急に行う事が大切だと言えます。