総量規制とは個人向け融資が原則として借入金額の総額が収入の3分の1以内でなければならないという貸金業法のしばりのことです。

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

MENU

なぜ闇金融からかりてしまうのか?

闇金融は、詐欺などと並び古くから存在してきました。

 

しかしここまで闇金融という存在が問題視されながらなくならないのは、闇金を利用する人がいるからに他なりません。

 

闇金業者が存在し続ける理由は悪質で違法な存在でありながらも、根強い需要とニーズを持っているからともいえるのです。

 

闇金の違法性を知りつつ利用している人も多いのです。

 

ではなぜ人は闇金から借りてしまうのでしょうか?

ひとつは総量規制という要素が考えられます。

 

総量規制とは個人向け融資が原則として借入金額の総額が収入の3分の1以内でなければならないという貸金業法のしばりのことです。
この規制も2010年の貸金業法の改正により改められたことのひとつです。

 

 

個人が借入れられる限度額を引き下げて個人の借り過ぎや業者の貸し過ぎを防止することが目的でありながら、
それによって闇金に流れる利用者が増えているというような皮肉な事態も起こっています。

 

 

現実に2010年の改正以来、闇金からお金を借りたという経験を持つ人が増えていることがニュースになったことがあります。

 

 

ただこれは総量規制による影響という一例に過ぎず、闇金を利用する人というのは、
どこからも借りられなくなって最後に駆け込んだのが闇金ということが多いようです。

 

 

事業者や会社の社長など事業資金や従業員の給料の支払いなどの充当に闇金を利用するケースもありますが、
個人の遊行費や生活費などをはじめお金が回らなくなり借金をする人たちがいるということが最大の要因でしょう。

 

ギャンブルやお酒、タバコ、風俗など借金に転落する代表的なファクターです。


 

 

私はこれらのギャンブルやお酒のことは否定はしません。
酒もタバコも適度に嗜むのであれば、相応に楽しく人生を幸福にしてくれるものです。
しかし過度に依存してしまっては体も心も壊れてしまいます。

返済

 

また生活レベルを下げられずに借金をして賄うなど、本末転倒な事案もあることも忘れてはなりません。
事業貸付であっても、本当に返済可能な事業計画であってのかを振り返ってみる必要があるでしょう。

 

 

そうでなかったからこそ、返済に困り闇金に走ってしまったことを肝に銘じなければなりません。