闇金融から借りてしまったら、非常に長い間苦しめられるので、闇金の違法性をよく理解して、自分で対応できないならば弁護士や専門家の助けを求めることです。

闇金融の恐ろしさと対処方法~ヤミ業界の実態とは~

MENU

万が一闇金融から借りてしまったらどうすればよい?

過払い金請求

闇金業者からお金を借りてしまうと、大抵は大きなダメージを蒙ります。

 

 

電話によるきびしい取り立てや嫌がらせがあり、その恐怖から逃れるためにさらに別の闇金業者から借り入れをしてしまい返済に充てるなど事態は悪化していきます。

 

 

闇金業者の怖いところは、借りた本人だけならまだしも、家族や親類、勤め先や近隣にまで同様の嫌がらせが及ぶ可能性があります。

 

 

このようなことになってくると仕事を辞めざるをえなくなったり、今住んでいる土地に住み続けることができなくなったりとさまざまな苦境に立たされることになるのです。

 

 

違法な貸し付けにより究極は返す義務のないお金ですが、脅迫のように「返せ、返せ」と圧力をかけてくる相手に白を切り通すのは精神的なタフさがなければ無理です。

 

 

ただお金を払うということは、闇金業者にとっては良いカモでありつづけるということです。

 

払い込まないという勇気も必要なのです。

 

しかし個人でそこまで戦うのは、難しいので法律の専門家に助けを求めるのがベターなような気がします。
弁護士さんや司法書士さんなど法律のプロに介入してもらうと心強いものです。

 

 

過払い金請求や闇金対策専門に扱っている法律事務所もあるのでそういったところを探して一緒に戦ってもらうのは有効な解決策です。

 

 

また最近では、自分から借りにいかなくても突然、口座に身に覚えのないお金が振り込まれ、
「貸した金を返せ」と迫る「押し貸し」も横行しているようです。

 

その場合は警察に相談することと、それ以外でも何かの間違いで闇金からお金を借りてしまったらただちに元金を返済することが求められます。

 

 

大切なのは闇金業者と接触してしまうと非常に長い間苦しめられるということと、闇金の違法性をよく理解して、
自分で対応できないならば弁護士や専門家の助けを求めることです。

 

 

また最後に自分が闇金に近づくことになってしまった原因をよく考えることです。